キャビネックス消火設備デモンストレーション

今日の菜根譚

「質素な生活をする」

粗食をして質素な生活をしている人は、心清らかであることが多い。

豪勢でぜいたくな生活をしている人は、上の者にへつらい従うことに慣れてしまい、いつの間にか自分の志や信念を見失ってしまうことが多い。

志は、欲のない質素で淡泊な生活により磨かれるが、節操は、美食美衣の生活により失われていくものである。

過ぎたるは猶及ばざるが如しとは、度が過ぎることは、足りないことと同じくらい良くないということ。 お腹いっぱいに満たすより腹八分・六分位だと食後でも頭もすっきりしていますし、心も清らかにという意味もわかる気がします。

新潟ハツタ会主催の研修会に参加してきました。

今回はメーカー様より「キャビネックス消火設備」のデモンストレーションと実機を用いての点検方法について解説して頂きました。



 

キャビネックスは、小型NC施盤向け(二酸化炭素)自動消火装置です。消防法の義務設置はございませんが、高価な工作機械の初期消火により防御する役目を果たします。

メーカー様の説明

選択肢を広げたコンパクト設計

約20%(弊社従来品比較)のコンパクト化を実現し、従来の背面取付に加え、側面取付も可能にしました。
ますます小型化する工作機械ですが、格納箱を取付する選択肢がグーンと広がりました。

更に機能アップ

異常時には、警報ブザーが断続音を発し、電源表示灯が点滅し、視覚と聴覚に訴えます。より確かな安全をご提供いたします。

生産現場の迅速な復旧を目指して

火災が原因の納期遅れは取引先の信用をなくします。
万一の火災をボヤ程度で未然に防ぎ、生産現場を一刻も早く復旧するために必要不可欠な自動消火システムを、ハツタはお求めやすい価格でご提供します。

最適火災探知センサー

[熱センサー]
・THKS-10

工作機械から目を離した際にも自動消火設備が設置されていることで大きな火災に至らなかった事例も多くあります。



 

キャビネックス内にはボンベや制御回路が内蔵されていて、ガス系自動消火設備の施工やメンテナンスをされている方であれば容易に操作出来ます。しかし消火剤に二酸化炭素を使用しますので取り扱いに注意しなければなりません。

お客様がこのフタを開けて操作することはまず無いのではないでしょうか?


 

こちらは赤外線式炎センサーです。ここで火災を感知して消火剤を放出させる準備をします。



 

実際に赤外線センサーを作動させてキャビネックスを起動させてみます。



 

少し写真を撮影するタイミングが悪くてキャビネックスの作動を確認する撮影は出来なかったのですが、火災を感知して消火剤を放出し高価な工作機械を防御する消火設備だと認識して頂けるとありがたいです。

半導体・液晶製造装置用や工作機械用など様々な機械に対応する特注品もあります。ご興味のある方は是非一度お問合せ下さい。

 

キャビネックス自動消火設備のことなら新潟市の防災設備点検会社(株)エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木 2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

移動式粉末消火設備 使用方法解説

移動式粉末消火設備の使用方法を解説

 

新潟市の消防設備会社エフピーアイの新人レポーター高橋です!

かなり気温も上がってきまして夏真っ盛りな今日この頃です!皆様熱中症には十分ご留意下さい!!それでは、今日も暑さに負けずにブログ更新です!

 

立体駐車場や平地の駐車場等で、真っ赤なランプが点灯した赤い箱を見たことはありませんか? それは『移動式粉末消火設備』という消火設備です!

……ってなんですか?消防隊以外の人が使える代物ですか?というのが実際のところだと思いますが、御安心ください。簡単に使えますしその使い方をご説明させて頂きます。


これです。大型ショッピングセンターや、立体駐車場等に何基も設置してあります。

ホースの長い大きな消火器と思って頂ければ大丈夫かと思います!


 

扉を開けますとタンクやらガスボンベが見えて物騒な感じがします。

これだけで怖いと感じ、使用をためらいがちですが、、、、

使い方は至ってシンプルなスリーステップです。

しかし、火災時に使用説明書きを読んでいる余裕はほぼ無いと思いますので、写真にてご説明致します。


 

先ず、〔1〕番と記された緑のボンベが加圧ガス容器と言いまして、黄色いバルブをひねりますと、消火薬剤放射用のガスが真っ赤なタンクの中に入ります。

この時点ではシュッと音がするだけで消火薬剤は出ません。

こんな感じで全開まで回してください。


 

次に、〔2〕番と記された黄色いレバーを開の方向にひねります。


こんな感じです。このレバーを開放すると消火薬剤がホースの中を通ってノズルまで来ます。 まだ消火薬剤は出ません。


最後がこの〔3〕と記されたバルブです。最後の関所です。これをひねると消火薬剤が勢い良く放射しますので、ここを開けるときはホースを持って火元にある程度近づき、バルブをひねって放射して消火します。

駐車場で火災が発生し、『移動式粉末消火設備』にすぐ手が伸びるのかと言ったら難しい所だと思いますが、使用方法を知っていれさえすれば力強い場面もあるのではないかと思います!

ご拝読頂きましてありがとうございました!

 

移動式粉末消火設備のことなら新潟市の防災設備点検会社

㈱エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木 2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

スプラッシュアルファ(SPlashα)口コミ情報

今日の菜根譚

「思い通りにならなくても悩まない」

思い通りにならないからといって、くよくよと悩んではいけない。逆に、思い通りになったからといって有頂天になってはいけない。

今の幸せが続くと思ってはいけない。何かを始めようとして出鼻をくじかれたとしても逃げてはならない。

14歳のプロ棋士 藤井四段 どこまで連勝記録を伸ばすのか?楽しみにしていますが、勝っても謙虚にしている姿勢は見習うべきものがあります。

あのような姿勢はきっと連勝が途切れても、しっかりと受け止め更に強くなるのだろうと思う今日この頃です。

 

今日は、能美防災様の本社より、新商品スプラッシュアルファ(SPlashα)の製品案内に来社頂きました。

丁寧な説明とキレのある商品紹介に貫禄を感じました。共に商品への愛着も感じました。


スプラッシュアルファ(SPlashα)とは、消火剤噴霧自動消火システムでライバル製品としては、スプリネックスがあります。

適用用途6項(病院・診療所・社会福祉施設等)向けの製品で、新築から既存の建物まで幅広くスプリンクラー設備の代替え製品として開発されました。

福岡の有床診療所火災により法改正に伴い各メーカーよりスプリンクラーの代替え製品が発売されていますが、更に消火能力とメンテナンス性に優れた製品となっていました。

 

今日はプロ目線で解説するので一般の方には退屈な思いをさせてしまうかもしれませんがご容赦願います。

今までのパッケージ型消火設備との大きな違いは以下のとおりです。

①アンド回路用の感知器が不要である。

②消火剤を断続放射出来る。

③配管内は充水されているので熱を検知してからの放射ラグが少ない。

④合成樹脂製の管及び管接手を認定取得している。


「アンド回路用の感知器が不要な訳」

写真は、感熱開放ヘッダーという名称で感知器とスプリンクラーヘッドの両方を備えたヘッドとなっています。表示温度は55℃または88℃となっており、有効感知半径は3.6mです。

今までのパッケージ消火設備ですと、スプリンクラーヘッドを作動させるには、別途設置した熱感知器が感知することで作動します。

スプリンクラヘッドと感知器がセットとなっていますので、配管工事+配線工事が必要です。

メンテナンス時もスプリンクラーヘッドと感知器の両方することはコストの増大に繋がります。

施工性とメンテナンス性において優れた商品であると認識しました。

②消火剤を断続放射出来る。

③配管内は充水されているので熱を検知してからの放射ラグが少ない。

火災が発生した場合、感熱開放ヘッダーの作動により、配管内の水が開放型ヘッドから放射され、配管内の圧力低下におり圧力スイッチが作動する。

圧力スイッチの作動により、加圧用ガス容器が開放し、かつ当該系統の選択弁が開放し、消火剤貯蔵容器の消火剤が圧送される。

開放型ヘッドからの放射は、所定時間以内に水から消火剤放射に切り替わる。

選択弁は、開放から140秒経過した時点でいったん閉止するが、閉止から30 秒経過した後、再度30 秒間開放する。以降、消火剤がなくなるまで同様の動きを繰り返します。


④合成樹脂製の管及び管接手を認定取得している。

樹脂管とPF管のカップリングへ接続する程簡単に施工できますのでこれは既設・新設共に重宝すると思います。樹脂管は、ブリジストン社製のプッシュマスターという製品で主管25A、巻出し管16Aと簡易スプリンクラーとしては画期的な配管及び接手となっています。これからはこれが主流になる予感がします。


 

スプラッシュアルファ(SPlashα)のことなら新潟市の防災設備点検会社

㈱エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木 2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

 

 

非常照明器具交換工事 新潟市の防災設備会社 エフ・ピーアイの川村レポート

非常照明器具交換工事 新潟市の防災設備会社 エフ・ピーアイの川村レポート

こんにちは!新潟市の消防設備会社エフ・ピーアイの川村です!

新潟市も先週からようやく梅雨入りが発表され嫌~な時期になりました。

これから数ケ月暑い季節が続きますのでこまめに水分補給をして熱中症には十分注意していきましょう!

さて初投稿の今回は弊社でも何度かご紹介させて頂いております非常照明の交換をご紹介したいと思います!

こちらがバッテリー内蔵の非常照明になります。


今回は階段に設置されてる照明を交換致しました。

普段は壁面のスイッチで点灯、消灯をしております。


しかし火災や地震などで停電した際に照明器具に内蔵されているバッテリーに切り替わります。

今回はLEDタイプの器具に交換しお客様からも大変好評でした!

今回交換した階段の非常照明は災害時などには特に大事な場所になります!

定期的な点検を実施し常に良い状態を保ちましょう!

ご拝読頂いたみなさまにも照明の交換の交換をご検討されてる方がいらっしゃいましたらぜひお電話下さいませ!

今後もみなさまに少しでも何かお役に立てる様ブログを更新していきますので何卒よろしくお願い致します!

 

非常照明のことなら新潟市の防災設備点検会社(株)エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木 2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

新潟市の防災設備会社エフ・ピーアイの高橋レポート 避難はしご交換工事

こんにちは!新潟市の防災設備会社エフ・ピーアイのレポーター高橋です!

マンション等の建物には、避難はしごという避難器具が設置してありますが、今回はその避難はしごが錆で劣化してしまったということで交換工事にお伺いしました。

既にマンション等にお住まいの方はご存じあるのではと思いますが、避難はしごは殆どがベランダに設置してあります。
もしもの時にハッチを開けて、「押す」と書いてあるレバーを押すと収納してあるはしごが一気に降下して、下階に避難することができる設備です。

ところが、新潟市内のマンションは日本海からの潮風を強く浴びるところも多く、金属でできているはしごは潮にやられてしまい、劣化が進みやすくなっているのも事実です。
今回のはしごは見た目はキレイですが、裏側に錆がきてしまいボロボロと崩れてしまいます。避難時に力の強くかかる部分でもあるので交換致します。

 

では順を追って見てみましょう!


こちらが避難はしごです。マンションやアパートのベランダに設置されています。


小さい子供が間違って落ちてしまわないようにチャイルドロックが付いていますのでロックを外して開けます。


左が取り外したはしごで、右が新品のはしごです。一見左右とも変わりないですが、左側の下部がボロボロに崩れています。(足をかけると崩れる可能性もあります。)


ハッチ内の錆をキレイに落として、規定の締め付けトルクでハシゴを取り付けます。


はしごを取り付け円滑に可動・降下するか確認します。


実際に人が降下試験をして安全であることを確認して作業は終了です。

先日の英国ロンドンのマンション火災に心を痛めた方も多いかと思いますが、マンションやアパートの火災で屋内からの避難が困難な時にどのようにして逃げますか。
はしご車などの外部からの救助が来るのを待つのは現実的ではありません。そのための避難器具が設置してありますので、設置してある場所と使用方法を今一度ご確認頂けたらと思います。

ご拝読頂きましてありがとうございます!

避難はしごのことなら新潟市の防災設備点検会社(株)エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木 2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

社庭菜園 日常日記

今日の菜根譚

「祖先の苦労に感謝し、子孫のために努力する」

今の幸せが何によってもたらされているか、考えたことがあるだろうか。それは、祖先が残してくれた恩恵による。だからこそ、祖先の苦労に思いを致し、感謝の気持ちを忘れてはならない。

では、子孫の幸福とは何によってもたらされるのだろうか。それは今、自分自身が行っている日々の善行や努力におる。しかし善行を積み続けることは簡単にはできない。

人間は、自分の行いが子々孫々まで影響を与えるものであるということを肝に銘じて日々を生きていく必要があるのである。

「子々孫々まで影響を与える」「肝に銘じて生きていく必要がある」張り詰めた緊張感がある言葉である。普通に生活していると子々孫々への感謝の気持ちが薄らいでしまうというのは私だけでしょうか?毎日仏壇に手を合わせていても、今ある状況に不安や不満が鬱積してしまうことってあると思います。

感謝の気持ちを忘れない。毎日一生懸命に生きる。難しく考えても仕方のないことには悩まない生き方をしなくてはならないと思う今日この頃です。

 


出社して、トイレ掃除 神棚の水替え デスクに座る これが朝の日課 デスクに座ると直ちにメールチェック・・・重要なメールがあるときもあれば、全く無い日もある訳で、朝の連ドラでも見る余裕が欲しいものです。

もう何年も続いている日課ですが、なんだか物足りない。ということで天気も良いし、社内清掃や草取りにも着手しました。弊社には家庭菜園ならぬ社庭菜園があります。母が「駐車場に花壇があると明るくなるよ」という提案で小さな花壇ですが社屋を建てる際に作ってもらいました。

ほんのささやかな花壇ですが、花を植えるわけではなく野菜を作っています。

ミニトマト・きゅうり・甘なんばん・黄パプリカ・赤パプリカとバリエーション豊かです。先日、今年初収穫としてキュウリを食べさせてもらいましたが、もぎたてのきゅうりは美味しかったです。



あんまり植物に関心が無かったのですが、こうして少しずつ成長して実を付ける植物を見ていると悪くないなと感じます。

少し見ている角度を変えてみる。心の余裕だと感じました。

火災通報装置と自動火災報知設備の連動工事 新潟市の消防設備会社エフピーアイの新人高橋レポート

こんにちは!新潟市の消防設備会社エフピーアイの新人レポーター高橋です!

先日のブログでも少々触れさせて頂きました、火災通報装置と自動火災報知設備(以下 自火報) の連動工事に伺って参りましたのでご紹介させて頂きます。

自火報との連動は、自力で避難することが困難な者が入所する社会福祉施設等(施行令別表第一(6)項ロに該当する施設)における消防機関へ通報する火災報知設備について、自動火災報知設備の作動と連動して自動的に起動(通報)することが義務付けられました。…つまり非常ベルを押したり感知器が作動すると、119番直通で消防車が来るという仕組みにしなければなりません。(平成30年3月31日迄)

では、順を追ってご説明致します。


こちらが専用連動停止スイッチ箱です。故障等による非火災報が発生した場合に、修理するまでの期間、一時的に直接通報だけを遮断する為に取り付けます。(定期点検時も連動遮断しておこないます。)


連動停止スイッチ箱の取付位置を決め、配線を通す穴を開けます。


火災受信機→火災通報装置本体→連動停止スイッチ箱を結線します。


導通試験をして、正常に機能するか入念にテストします。
左:消灯は連動中  右:点灯は連動停止中(主に点検及び修理時)


消防署に試験を行う旨の連絡をして、実際に自火報設備を作動させ、連動起動のテストをさせて頂きます。


非常ベルや火災受信機にこの黄色いシールが貼付してあれば、119番直通可能だということになりますのでお見知りおき下さい。(シールのサイズや、地の色・文字の色は決められています。)

 

火災信号により自動で119番することを「直接通報」といい、この「直接通報」の稼働により、速やかな火災通報が可能となり、万一施設で火災が発生した場合、被害の軽減が期待されます。

既存の建物(6)項ロに該当する施設に関しましては、経過措置として平成30年3月31日迄(1年を切っております!!)に連動機能を有する火災通報装置に施工しなければなりません。お悩みの方がおられましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

 

火災通報装置のことなら…消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木 2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

KNIPEX(クニペックス) エレクトロプライヤー

今日の菜根譚

「どうにもならないことを悩まない」

まだ何も結果がでていない仕事の先行きについて、あれこれ悩むよりも、すでに軌道に乗っている仕事をどう進めるかを考えるべきだ。

また、過去の失敗についてくよくよ悩むよりは、同じ失敗を繰り返さないためにはどうしたらよいのか、前向きに考えるべきである。

わかっていても繰り返してしまう小人でございます。ほんとどうにもならないことに頭を使ったり心を悩ませたりと、時間が経過してしまうとなんでこんなことで悩んでいたのかと振り返ることがあります。

どうにもならないことだな!と瞬時に判断したいものです。

さて、今日はこだわりの道具

KNIPEX(クニペックス) エレクトロプライヤー ロック付 200mm 1392-200


「KNIPEX(クニペックス) エレクトロプライヤー 」です。電気工事ではペンチを使用するのですが、弱電工事では、ペンチ・ニッパー・ラジオペンチの混合したようなペンチがあると便利だなという事があります。

 

細かい作業から、大胆にケーブルをカットする作業まで幅広く使い事が出来るペンチをご紹介致します。


クニペックスのエレクトロプライヤーは、このように大きくハサミのように開くことが出来ます。プライヤーという名称なのでペンチと比較すると開口部を広くとっていることにより物がつかみ易くなっています。



つかむという作業ですが、大胆に物を挟んでつかむということも出来ますし、ラジオペンチのように繊細な作業も可能です。Fケーブルだけでなく、弱電線も被覆を傷つけることなく曲げ伸ばしが可能となります。


Fケーブルの切断も対応していますので、ニッパーとペンチの役割を1つの道具で出来る点が魅力です!


切断面も非常にきれいです。


先端が鋭利となっていてリーマとして使うことも可能です!

皮むきも可能!
  • 全長(mm):200
  • ハンドル:プラスチックコーティング
  • 切断能力(mm)ケーブル:15
  • 圧着能力(mm):0.5~2.5
  • 皮むき能力(mm):0.7~2.5
  • 先端部ギザ付
グリップの赤い物とクニペックス使用がありますし、ロック付き・ロック無しとタイプがございますので、検討する際は使い勝手の良いものを選ぶことをおすすめします。

KNIPEX(クニペックス) エレクトロプライヤー ロック付 200mm 1392-200


 

熱中症にご注意願います。管理人の日記

6月の新潟市内は雨も少なく天候にも恵まれています。新潟市の最高気温も30℃近くに達する日が続いております。気温の上昇により熱中症対策が必要な季節ですのでご用心願います。

 先日、洗車をして車内の窓拭きをしていたところ熱中症の症状が出てきました。あと少しで終わるところでしたので、粘って最後まで完了したのですが、今までに経験したことのない頭痛に襲われました。家の中に入ってポカリスエットで水分補給したのですが、その日は1日頭痛が治りませんでした。熱中症を疑ったら作業をやめて休憩しなければならないと身をもって体験しました。

平時の暑さに対して人間の体は、体内の温度を汗により冷却し温度調整をしていますが、体温以上の温度上昇に対して様々な要因はあるものの熱中症になる可能性が非常に高くなることは皆様もご存じだと思います。私の場合は、6月に熱中症なんて考えもしなかったこと。締め切った社内の温度が高温であったことにより熱中症となってしまいました。

熱中症は体がオーバーヒートした状態ですので、熱中症と自覚したらクール剤を使用して熱を体外に排出させ、水分補給は即効性のあるナトリウムの入ったイオン飲料を補給させることで回復が早まります。応急処置は少し間違えると熱中症の状態を長時間持続させてしまうことにより体への影響だけでなく脳への影響も出る事がありますので気を付けなければなりません。


熱いな・気持ち悪いな・等々、突然訪れるので怖い症状ですが、これから夏を迎えます。夏の炎天下では汗を大量に排出しますので、普段よりも多めに摂取しなければ体調を整えることが難しく、熱中症になると水を飲んでも体に吸収されない状況や体が受け付けない状態になりますので、普段よりも積極的にイオン飲料を摂取しましょう。

非常照明器具交換工事 新潟市の電気工事会社 エフ・ピーアイの新人高橋レポート

こんにちは!新潟市の消防設備会社エフピーアイの新人レポーター高橋です!

季節も6月に入り梅雨目前のこんな日は非常照明設備の交換工事をご紹介致します。

不特定多数の人が出入りする建物や、面積の大きい建物では停電時にパニックが発生することが考えられますので、非常照明設備の設置が義務化されています。


これが非常照明です。火災や地震などの停電時にブレーカーが落ちると内臓バッテリーが働いて、点灯します。  (ブレーカーが落ちないと点灯しません。)


通常時は常にバッテリーを充電し続けているのですが、こちらは古くなってしまい器具がバッテリーを充電できなくなってしまいました。つまり、有事の際に点きませんので器具ごと交換します。

新しい非常照明
天井の穴のサイズ、照度基準を満たした器具を準備します。

 
交換は100Vの強電気を扱える電気工事の有資格者が行います。


交換工事が終わり、点灯試験です。LEDなのでかなり明るいですね。

夜間に急に停電しました…真っ暗闇の中、迷うことなく出口まで辿り着けますか?

停電してしまったとき、灯りがないと避難したくても思うように動けないのではないのでしょうか。近くに懐中電灯や、それに代わる何かがあるとも限りません。そんな時に私たちを出口まで導いてくれるのが非常照明や誘導灯です。設備を知ることや意識することが安全につながるのではないかと思います。

ご拝読頂きましてありがとうございます。